メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像

新型燃料電池自動車「CLARITY FUEL CELL」発売

 Hondaは、新型燃料電池自動車(以下、FCV)「CLARITY FUEL CELL(クラリティ フューエル セル)」を3月10日(木)に発売しました。

 CLARITY FUEL CELLはFCVの本格普及を目指し、クルマとしての「普遍的価値」である実用性の高さと、時代の先端にふさわしい「先進的魅力」を備えたFCVです。Honda独創の技術により燃料電池パワートレインの小型化を図り、ボンネット内に搭載することで、セダンタイプのFCVとして世界で初めて※15人乗りを実現しました。

 また、70MPaの高圧水素貯蔵タンクを搭載し、パワートレインの高効率化や走行エネルギーの低減により、一充填走行距離(参考値)を従来比で約30%延ばし、ゼロエミッションビークルで世界トップクラス※2の約750km※3を達成しました。これにより、毎日の使用からロングドライブまで、日常のクルマとしての実用性が大幅に向上。一回あたりの水素充填時間は3分程度※4と、ガソリン車と変わらない使い勝手を実現しています。

 さらに「先進的魅力」として、力強さと流麗さを併せ持ったエクステリアデザイン、最高出力130kWの高出力モーターによる電動車ならではの静かで力強くなめらかなドライブフィールを実現しています。また、本日発売の可搬型外部給電器「Power Exporter 9000」を組み合わせることにより、「走る電源」として一般家庭のおよそ7日分※5の電力を供給することができます。

 CLARITY FUEL CELLの導入初年度は、従来からFCV普及促進にご協力をいただいている自治体や企業を中心にリースを行い、外部給電器も含めた市場における製品の使用状態や、お客様、関連団体の多様なご意見、ご要望を収集し、その後個人のお客様への販売も行う予定です。生産は、生産企画統括部/パワートレイン生産企画統括部(栃木県塩谷郡高根沢町)で少量生産から開始し、その後生産規模を拡大する計画をしています。また、2016年中に米国や欧州での展開を予定しています。

CLARITY FUEL CELL

CLARITY FUEL CELL

メニュー

中古車情報

JU中古車情報

ホンダ自動車カタログ

ホンダ自動車カタログ

無限(ホンダ市販車用パーツ

無限MUGEN