メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像 メイン画像

フィットアリアのリコール発生

運転者席側SRSエアバッグのインフレーター(膨張装置)において、インフレーター製造時におけるガス発生剤充填後の吸湿管理が不適切なため、使用過程での外気温等の影響によりガス発生剤が膨張し、密度が低下するものがあります。そのため、エアバッグ展開時にインフレーター内圧が異常上昇し、インフレーター容器が破損して飛び散り、乗員が負傷するおそれがあります。

対象のお客様には個別にご案内し、対策品と交換させて頂きます。

メニュー

中古車情報

JU中古車情報

ホンダ自動車カタログ

ホンダ自動車カタログ

無限(ホンダ市販車用パーツ

無限MUGEN